小澤征爾さんの指揮、グラミー賞を受賞

アメリカの音楽界最高の栄誉とされる、「グラミー賞」の授賞式が行われました。
その授賞式で、小澤征爾さんが指揮した楽曲が「最優秀オペラ・レコーディング賞」を受賞しました。
最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞したのは、小澤征爾さんが指揮をした、歌劇「こどもと魔法」を収録したアルバム。
「こどもと魔法」は、魔法の力をきっかけに、いたずらっ子が優しい心を取り戻す物語となっており、アルバムには、2013年に長野県松本市で行われた公演が収録されています。
アルバムの発売元によりますと、小澤さんは今回が8回目のグラミー賞ノミネート。そして、80歳にして初めての栄冠に輝きました。