Appleのロゴ、正しく描ける?

アメリカの心理学者が「Appleロゴを記憶だけで正確に描いてください」というテストを大学生にしたところ、正確に描けたのは85人中たった1人だったそうだ。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学者チームが同校の学生に対し、白紙に「Appleロゴを描いてください」と依頼。正解したのは85人中1人と散々な結果となった。似ても似つかない図形を描く人もいたそうだ。52人がAppleユーザーだったが、Windowsユーザーと比べて出来が良かったということもなかったそうだ。
Appleロゴを少しずつ改変したシンボルを見せて正しいものを選ばせるテストも正解者は少なかったという。確かにそっくりなロゴがたくさん並んだものの中から正解を一つ選ぶと言うのは意外と難しいかもしれない。
日常的で身近なものに対しては記憶がいい加減になることは知られており、例えば熟練したタイピストでもキーボードを描写することは難しいそうだ。人の脳はディテールを正確に記憶することを重視していない作りになっているのかもしれないという。正確に記憶する必要がない、ということなのだろうか。