ZARD駅メロに

当時大ヒットとなった、ZARDの「負けないで」と「揺れる想い」の2曲が12月23日より小田急電鉄渋沢駅の発車メロディとして使われることが決定した。渋沢駅のある、神奈川の県秦野市は2007年に亡くなった坂井泉水さんが学生時代を過ごした街でもあり、また、デビュー後しばらくはレコーディングのため、秦野市からスタジオのある東京の六本木まで通っていたとのこと。渋沢駅は坂井泉水さんが高校時代、通学に使用した最寄り駅だったこともあり、2015年の秦野市制施行60周年の記念事業の一環として、小田急電鉄側は坂井泉水さんの所属するレコード会社と協議を重ねてきた結果、この度使用されることとなった。また、駅メロに選ばれた曲はネットアンケートによって決定したもので、「負けないで」は上り線のホームに、「揺れる想い」は下り線ホームで使用される予定。駅メロの使用開始日は記念式典も開催予定となっている。

餃子の王将

安くてうまい中華料理として有名な「餃子の王将」。看板メニューである餃子は日本では人気が高いが、中国では受け入れられなかったそうだ。

王将の餃子はパリッとした焼き餃子。一方、本場中国で餃子と言えば一般的に「水餃子」を指す。餃子の王将では水餃子を販売しておらず、焼き餃子にこだわったことが売り上げが伸び悩んだ原因だという。また、日本流の餃子や中華料理を本場中国に持ち込むことがそもそも無謀だった、という声もある。言ってみれば「中国の寿司屋が日本で寿司チェーン店を開いても成功しないのと同じ」だという。なるほど、そう言われれば納得できる。