瞬きの多さ

大人の瞬きの回数は、1分間に20回位が平均らしい。

瞬きがそれよりだいぶ多いと、ドライアイ等の症状の可能性がある様だ。

ドライアイの症状としては、

目がゴロゴロする
光がまぶしい
目の痛み
視界がかすむ
10秒間以上目をあけていられない
目の乾き
目が重たくなる
視力の低下
結膜炎など、目の感染症にかかりやすくなる

等がある、結構苦しいものだ。

 

タモリ語録

タモリ語録から。

「よく考えてみると、なんかオレ、テレビ出ている方が、本来の自由な自分のような気がするのよ。で、日常生活の方がオレは、なんか演技しているように思えてるのよ。」

あれだけ長い事、いいともをやったのだから、その方が自然になったのかもしれない。

一見、どうでもいい話題をじっくり掘り下げていくと、やっぱりどうでもいいんだよね

これも味がある。掘り下げて、下らないなーというネタがまた面白かったりする。

極めつけは、

健康のためなら死ねる」

よくぞ思いつきました!こんなパラドックスを・・・・

 

競技による遅咲きの違い

スポーツの世界で「遅咲き」という表現が使われる対象は競技によって異なり、フィギュアスケート・新体操のように選手として大成してもピーク年齢が総じて早い種目、大相撲・プロ野球・サッカーのようにプロカテゴリでの淘汰は激しいが大成した者の多くがある程度の年齢までトップカテゴリで選手活動を継続できる種目、モータースポーツのように少なからぬ選手が限界年齢まで競技への継続参戦が可能な種目で、それぞれ「早熟」「遅咲き」と呼ばれる年齢層は異なる。

また、アメリカンフットボールの様に社会人チーム・プロチームに入る選手の大半が大学卒(ないし大学中退)という特性を持つ種目や、ゴルフ・射撃のように多くの中年選手が第一線で活躍している種目、日本におけるゲートボールのように「高齢者のスポーツ」というイメージが定着している種目においては、そもそも「遅咲き」の語彙自体が異なってくる。

アイビーリーグの経済性

年間の授業料と寮費・書籍費が5万~6万ドル近くかかることから卒業する為には20~24万ドルほどかかってしまう。そのため学生の両親の大部分は富裕層であるため大学がエリートクラブ化してしまい、一般家庭出身の学生が入学できないのではないかという社会的批判が以前から根強く存在する。但し、全校が、伝統的にNeed Blind Admission Policyと称する制度を採用し、家庭の収入に関係なく合否判断を行い、合格した場合、家庭の負担能力に応じて奨学金を出す(例、世帯年収6万ドル未満の場合、授業料及び寮費を全額免除等、各校で比率は異なるが、40~70%の学生が大学から奨学金を得ている)制度を導入している。

また、大多数の学生が何らかの奨学金(大学、連邦政府、州政府、その他民間制度等)を得ている。

ホーリー祭

インド暦第11月の満月の日(太陽暦では3月に当たる)の午前中がクライマックスであるが、前日から色粉の掛け合い等を始めることもある。祭りの前週から繁華街には色粉や水鉄砲(主に子供が使う)を販売する露店が多数出る。人々は色粉等を購入して準備する。当日は他のヒンドゥー教の祭りと異なり特定の神に対する祭礼は無く、地域の人達が集まって祭りが始まる。

祭りが始まると友人知人はもとより通りがかった見知らぬ人にまで顔や身体に色粉を塗りつけたり、色水を掛け合ったりする。色粉を塗りあった後は「ハッピー・ホーリー」と言いながら抱き合うことも多いのだそうだ。最初は特定の色を額に塗る程度だが、次第にエスカレートして顔全体や体中が色だらけになってしまう。また ヒンドゥー教徒は比較的飲酒を忌避するが、ホーリー当日だけは盛大に飲む人が多く、昼頃には芝生や木陰で酔いつぶれている人をよく見かける。